桜開花♪

DSC_0284.JPG HORIZON_0001_BURST20210330073104610_COVER.JPG DSC_0283.JPG

もう令和3年3月もあっという間に終わろうとしています。

だんだんと暖かくなってきて、春を感じられるようになりました♪

地福院の境内の木々たちも、だいぶ花を咲かせてきております。

桜は今、満開。

今週いっぱいが見ごろとなります♪

謹賀新年

令和3年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0184.JPG

今年は、コロナが落ち着くことを心よりお祈り申し上げます。

皆様も、どうぞお体ご自愛ください。

DSC_0179.JPG

今年も、本堂から「初日の出」を拝ませていただきました!

地鎮祭

12月27日(日)。

ご依頼をいただきました、「地鎮祭」を行わせていただきました。

DSC_0170.JPG

R2.12.27①

「地鎮祭」とは、土地の神様である「地天様」をご供養することで、その土地を使用する方々が、無事に家を建てることができ、末永く安心して暮らすことができるよう、お願いする作法です。

一般的には、神主様が行われるイメージもありますが、高野山真言宗では、このような作法をすることもできます。

ステキなご自宅ができるのを、心より楽しみにしております♪

 

紅葉♪

R2.11.22 (1) R2.11.22 (2)

 

地福院のもみじ、いちょうが紅葉し始めました♪

本日は、風もなく穏やかな1日。

しばらく、見ごろの時期が続くと思います!

明日は、毎年恒例の「二十三夜尊」の行事になります!

迎え盆について

新型コロナウイルスの影響で、朝の勤行も現在自粛中でございます。

住職と話し合って、9月ごろの再開を向けて検討中でありますが、今後の状況を見て、判断をしていきたいと思います。

そして、来月8月は、お盆です。

毎年、「迎え盆」にはたくさんの方々に本堂、そしてお墓にお参りをしていただいております。

そこで、今年におきましては、本堂に上がっていただくのは、各ご家庭代表者1名とさせていただきたいと思っております。

当日は、張り紙等でもご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。

桜満開♪

R2.3.27 (3) R2.3.27 (1) R2.3.27 (2)

今年は、温かい気候が続き、地福院の桜の木も、例年に比べて早く満開の時期を迎えました♪

コロナウイルスの影響により、自粛活動が続いておりますが、少しでも心が癒される、気持ちが晴れることができるよう、収束を祈るばかりです。

一番右の写真は、地域の方にいただいた「ももの木」です♪

2月の朝勤行

R2.2.16

2月16日、令和2年、2回目の朝の勤行。

2月は、「涅槃会」の月。

お釈迦様が亡くなられたことを、全ての生きとし生けるものが、嘆き悲しむ絵。

2月14(金)にやままえ保育園で、園児たちに本堂に来てもらって、一緒にお祈りをしてもらいました。

檀信徒の皆様にも、毎年1回、この時期に見てもらっています!

 

1月の朝勤行

R1.1.19

令和2年の初めての勤行。

寒い中、たくさんの方々が本堂に集まってくれました。

1月は、1年に1回、本堂内の壇、ご本尊様にまっすぐと日の光が当たる月。

この日も、天候良く、拝んでいるときに、日の光がどんどんとご本尊様にかかっていきました。

拝んでいて、とても清々しくありがたい気持ちになります。

ぜひ、まだお越しいただいていない人は、本堂にお集まり下さい!!!

皆様と一緒に、声を出し、元気になりながら、スッキリとした気分を味わって下さい!!!

令和2年 謹賀新年♪

R2.1.1 (1)

令和2年。謹賀新年。

皆様、新年明けましておめでとうございます!

年号が変わり、初めてのお正月。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年のお正月は、とても天気が良く、晴れ晴れとしていて、新年に相応しい感じがします!

今年はオリンピックイヤーでもありますので、気持ちを高めて素晴らしい1年にしていきたいと思います!

ねずみ年は、干支の1番最初。新たなスタートを切る気持ちで、皆様とともにがんばっていきたいと思います!

明日は、地福院の新年初護摩祈祷。

11時より、本堂にて行いますので、どうぞお越しくださいませ。

令和元年 最後の朝勤行

R1.12.15

寒さもだいぶ厳しくなってきました。。。

いよいよ師走。

あっという間に12月です。

5月から新しい元号「令和」となり、もう令和元年が終わりを迎えようとしています。

令和2年は、災害の少ない年として、安心・安全に暮らすことができるよう心から祈るばかりです。

そのためにも、我々が自然に対して、本当にきちんと向き合わなくてはいけない時期がきているのかもしれません。

自然と大切に、そして自然に感謝して、敬っていかなくてはいけないですね。

来年もよろしくお願いいたします。